熱帯夜でも、ぐっすり睡眠

夏はかき氷が食べたくなりますね

最近は、フルーツやソースがたっぷりかかった

ふわふわなかき氷が気になります🍧



熱帯夜が続いて

「暑くて夜中に目が覚める」

「汗だくで寝苦しい💦」

「朝、疲れが残っている」

こんな経験していませんか?😵



夏でもぐっすり眠って、朝から元気にスタートしたい!

ですよね~



そんな時は、

エアコンをうまく使って

快眠を目指しましょう😌💤



ところで、

あなたは眠る前に「切タイマー」をセットしていますか?


私も以前は、2時間の切タイマーをセットしていました。

当たり前のように、

夜中に汗だくで何度も目が覚める‥😵💤


毎日この繰り返しで、

朝から疲労感たっぷりな日が続いていました…



でも、エアコンの使い方を変えてから、

ぐっすり眠れるようになりました😊



その方法は‥

つけっぱなしで眠る

です!



(つけっぱなしはちょっと‥という方は、

入眠直後の深い眠り3~4時間はエアコンを使うことをおすすめします)



蒸し暑い日本の夜は

汗をかいても蒸発せず、

だらだらを汗をかき続けます😥



体温調節をしてくれる

自律神経が夜も働き続けることで

睡眠の質が低下し、

疲れがたまってしまいます



睡眠中は、

“自律神経も休める”ことが

深い睡眠、疲労回復につながると言われています☝



そこで、

エアコンを使用した快眠へのポイントをご紹介します!


🔸就寝前に、寝室の温度を下げておきましょう。


🔸温度は、25度~28度くらい、

湿度は、50%~60%くらいにしましょう。

(湿度が高すぎると汗が乾かず不快になりますので、湿度も気にしてみてください)


🔸エアコンの風が直接、体に当たらないようにしましょう。


🔸冷えが気になる方は、長袖、長ズボンで寝ましょう。



ぜひ、ご自身に合った、快適温度を見つけてくださいね✨



ぐっすり睡眠で疲れをしっかり回復!

夏バテ知らずで過ごしましょう♫


お読みくださりありがとうございました